2018年12月3日月曜日

腫瘍マーカーの上昇

11月の診察の時に腫瘍マーカーの数値が上がっていた。
今まで20台だったし、抗がん剤をやっていた頃、一時的に上がっても30台だった。
それが数値が異常になると鉛筆で丸してある。さらっと置いてあった結果を見てビックリ
40台は初めて見たので。
それから左胸にあった腫瘍の細胞診をしてもらったが異常なしで、3回高ければ治療を変えるとのことだった。

そして12月の診察。
腫瘍マーカー(CA15-3)は75、(CEA)が5.5に上昇していた
先生が新しい治療を提案してくる。まだ高いのは2回では?と思ったら10月は33でした。
ゾラデックス・ゾレドロンという注射・点滴は続ける方向だけれども、
ホルモン剤をフェロゾックスというものに変えて分子標的薬イブランスカプセルという内服薬をプラスさせる。というものだった。
どういう薬か、という説明はするんで、いや、それはわかったと「で、薬価は高いですか?」と質問すると「すごく高くなるね。高額医療間違いないね。申請してない?」などというが申請したところで上限毎月8万円て。
簡単に言うけど

先生のいう事を信じてやってきたつもりだったけど、再発もして転移もして、マーカーまで上昇。
先生も手探りなのだ
色んな治療がある中で、どれが正解かわからないまま選択し進め合わなければ違ったものを。
その中に「医学以外のモノ」は含まれない。
代替治療は確かに信ぴょう性はないかもしれないけれども
今のまま、病院の高額な治療を受けてもいいのだろうか?
とりあえずは正月明け早々にPET検査を入れてもらってそれからという話になった。
1カ月猶予がある。
それまでできる限り食事制限してノーストレスで湯治も真面目に取り組みたい。

ポチっとありがとうございます↓↓↓

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村




0 件のコメント:

コメントを投稿

帰路と思い出とマナー

空港で最後の食事、スンドゥブチゲ。  あまり時間がなかったのだけど、待たされたりもしたので5分くらいで食べなければと 慌てている様子。 でも美味しかった!静岡空港のチェジュ便はのんびりな時間帯だから 今度はゆっくり食べよう。  スヌーピーもい...