2019年1月17日木曜日

陶板浴に行ってきた

元々体温が35℃台だったのが、罹患してからは36℃台をキープできるようになったと思う。
しかし最近、熱を測ると35℃台の時がしばしば。
キャー!!
癌が好む体温!!!

これではいけない!湯たんぽをお腹に忍ばせしばらくすると36℃台に。
湯たんぽマジ万能!自主回収のうちは手放せない。



















本気回収の前にこの大きさの湯たんぽを見つけねば。

と、湯たんぽでしのいできたけれどもとある朝測ると35.6℃
ん~これではイケナイRougeMagic。

意を決して近所にある陶板浴G-SPAに行ってみることにした。
初めてなんですけど」と言いながら入り靴を脱いでロッカーに入れて鍵を受付で渡す。
住所・氏名などを記入し、時間30分・60分・90分から90分を選び料金1080円を支払う。
タオルセット(MAX375円)などは初回は無料で、次回から着替えもタオルも水筒も持参すれば良いという。
中のロッカーに荷物を入れカーテンで仕切られた更衣室(3か所)で着替える
タオルは大判は陶板浴に敷く用、小さいもの1つは陶板浴の枕用、もう一つは足湯で足を拭く用とのこと。
シャワー(ミストサウナ付き)も2台、化粧台も数か所ありドライヤーが2台。
綿棒はあるが、くし等は無い
休憩場所にはフットマッサージ機が2台ある。
水素水のサーバーがあり、自由に飲める。

まず、足湯に15分ほど入ってから、いよいよ陶板浴に。時計が無いかと思ったら中には見やすいデジタル時計がある。
お昼時にも関わらず、思ったよりは人がいる。
入り方は岩盤浴同様、うつ伏せ10~20分・仰向け10~20分、休憩を交え繰り返す。
うつ伏せの時点で汗がじんわり出てくる。
おお、いいかもしれないと休憩を2回しながら3セット行ってみた。
最後のほうは貸切状態。終わりの頃、また一人入ってこられた。
顔も真っ赤になって十分温まった^^
最後のセットは終了時間15分前に終えてシャワーを見てみると、みんな軽く浴びて帰るのかな?
使用した後があったので、先人に学び浴びる。
エステサロンが経営している陶板浴らしいので、良いシャンプーとトリートメントが。
時間がないというのに使いたい衝動に駆られ、洗髪してしまったら案の定時間がなくなった。
髪も濡れたままチェックアウト。近所で良かった!
帰り際、ポイントカードをいただき「冷えが改善されるには頻度はどれくらいがいいですかね?」
と聞いてみたら「う~~~ん、個人差があるので何とも言えませんが。良く来る人で週1ですね。」
そんなもんかー。
酸素カプセルや炭酸浴(スーパー銭湯)も並行しながら、今度は酵素風呂にも挑戦したりして
平均体温37℃を目指したい。

ポチっとありがとうございます↓↓↓

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村









0 件のコメント:

コメントを投稿

帰路と思い出とマナー

空港で最後の食事、スンドゥブチゲ。  あまり時間がなかったのだけど、待たされたりもしたので5分くらいで食べなければと 慌てている様子。 でも美味しかった!静岡空港のチェジュ便はのんびりな時間帯だから 今度はゆっくり食べよう。  スヌーピーもい...