2014年9月17日水曜日

再建への第一歩

 貧乳で、女らしさを売りにしてるわけでもない私だけど、だからこそ乳を失うのは恐怖なわけで。
だって(かろうじてある)乳がなきゃ、ただの男ってかオッサンにも等しい。
それにアシンメトリーになることによって真っ直ぐ歩けなくなるとか・・・
猫じゃあないけども。
というわけで、今日は乳房再建のホウの話に形成外科に。
やっぱり「聞きたいことありますか?」から入るんだよな~。
この41年間の人生でほとんど疑問を抱いてこなかったから、こんな大人になってしまったとゆーのに。
ひとまずの世間話程度の診察が終わり、上半身の写真を撮るのとサイズを測るとのこと。
写真はあっさり終ってサイズと言うから、てっきりメジャーが出てくるんだと思ったら
左胸に合わせますんで左だけ測ります。」と定規だか分度器だかみたいなのを2つ出して測っていた。
そりゃそーだわなー。などと思っていて、こちらもあっさり終了。
それから、再建について話を。
私の場合まだ「シリコン」にするか「自分の肉」にするか迷っている。
どちらにしてもの色々なメリット・デメリットの話をしてもらいました。
  • 10年前に腹膜炎でハラキリしてるけど、またお腹を切っていいものでしょうか?→検査が必要になりますね。

  • 先生は、どっちの手術が得意とかありますぅ?→どちらでも大丈夫です。(多少苦笑していたが。)
などの疑問にもお答えいただきまして、ああ、「ガンを取り除き治す科」と「取った乳を作る科」では全く別物なのだと思いましたが、今回はどちらの先生も治すこと・作ることに自信を持っていると確信し、仮の手術日も決まり、一安心なのでございます。
自分のことなのに、中々決まらない、やるべきことがわからないのは不安要素ではあったなぁ。
これで今日も元気だお酒もタバコもウマい!!はずである。

ポチっとありがとうございます↓↓↓


にほんブログ村


これからの乳房再建BOOK
これからの乳房再建BOOK
posted with amazlet at 18.11.15
岩平 佳子
主婦の友社
売り上げランキング: 156,477

0 件のコメント:

コメントを投稿

アナタも私も知らない世界

私は昭和の女。 48年生まれ。 私が小学生の頃だったか、お昼に「 あなたの知らない世界 」というのをやっていた。 それはお昼という時間帯に相応しい情報でも、マツコが変わった一般人に教えてもらうものとも違う。 昼のワイドショー的なものの中に夏休み期間にやるオカルト再現フィ...