2015年8月4日火曜日

血圧計との格闘

今日は2度目の近所の乳腺外科病院へタスオミンをもらいに行く。


昨年10月に右乳癌手術をしてからというもの、右手禁止になった。


血圧、採血など左で全部やっていってくださいねって。
採血はいいのだが、病院にあるこのような血圧計。↓




個人病院に変わってから、「落ち着いたら計ってくださいね」と言われ左手を突っ込みボタンを押そうとするも、体がよじれなくて苦労をした。やっとの思いで押したのだが、血圧上がってるんじゃ・・・くらい動いたのだった。
先日、その話をお客さんにすると、「看護師さんとか受付の人に頼めばやってくれる」と聞いたので今日は「計ってください」にかぶせるくらいの勢いで「右手禁止なのでボタンが」と言いかけると「左手でいいですよ、右の脇にもボタンがありますからね。」
!!!
なんということだ!あの苦労はなんだったのか!
でも、そこの病院、血圧計のすぐ右横に待合の椅子があって、計るとそこに座ってる人が「こいつ何で左手なんだよ~。近いよ~。」って空気出している気がして仕方がない。
いつか血圧計の場所が移動してくれることを願いたい。

ポチっとありがとうございます↓↓↓

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村




0 件のコメント:

コメントを投稿

アナタも私も知らない世界

私は昭和の女。 48年生まれ。 私が小学生の頃だったか、お昼に「 あなたの知らない世界 」というのをやっていた。 それはお昼という時間帯に相応しい情報でも、マツコが変わった一般人に教えてもらうものとも違う。 昼のワイドショー的なものの中に夏休み期間にやるオカルト再現フィ...