2014年9月10日水曜日

乳がん検診へ

 私は風呂で体を洗う時にタオルを使わないで素手で洗う。

2014年7月某日。

いつものように鼻歌まじりで体を洗っていると右胸に違和感を感じた。

まさしく「しこり」のようなものがある。
いや、以前からあった。気になり始めたのが6~7月くらいだったか。

左胸にもあるものだったら異常なし!と思い左胸を触ってみる。

ない

なんじゃこりゃ。

脂肪の塊かなんかかな?しても硬いな~などと思い、ついつい気にして触ってしまう私なのであります。

そんなに気になるなら検診行くか

と、ガン家系でもないしと、市からの勧めの検診も41歳になる今まで行ったことがなかったが決心

8月1日に予約を入れられたのであります

行ってみてマンモグラフィ(痛かったけど想像どうりの痛み)と触診が終って先生が

ちょっと気になるんで、時間があればもうちょっと検査したいんだけど。」

時間は少し余裕がなかったけど、このままじゃ気になるやんけ!

「お願いします。」

超音波検査へ。

担当の人が時折する小さな舌打ち・・・気になるんじゃ~い!

10分程度で終わり、再度診察室へ。

先生ん~、大きい病院行きましょうか。どこがいいですか?」

「え!?」

先生「え!?あ、ごめんなさい!」

「あ、別に変な意味じゃなく、もっとここで検査するものだと思っていたので。」

先生「アナタのしこりの影を見る限り、良くないんですよ。で、大きい病院に行くと同じ検査をはじめからするので、ここまで怪しい人には僕はすぐ大きい病院に行ってもらうようにしています。」

「なるほど。わかりました。」

んなやり取りで大きい病院の予約もとってもらった。8月11日。

なんか唐突なプチがん告知でごめんね~みたいに先生が謝ってくれた。

別にそんなのは気にしないけど これから10日間、

「癌なのかな~違うのかな~嫌だな嫌だな~怖いな~」

なんて日々を迎えるかと思うとゲンナリするのであった。

ポチッとありがとうございます↓↓↓


にほんブログ村

医者がマンガで教える 日本一まっとうながん検診の受け方、使い方
近藤 慎太郎
日経BP社
売り上げランキング: 2,848

0 件のコメント:

コメントを投稿

帰路と思い出とマナー

空港で最後の食事、スンドゥブチゲ。  あまり時間がなかったのだけど、待たされたりもしたので5分くらいで食べなければと 慌てている様子。 でも美味しかった!静岡空港のチェジュ便はのんびりな時間帯だから 今度はゆっくり食べよう。  スヌーピーもい...