2016年2月9日火曜日

終活がまだでしょ


親戚の葬儀やらブログの引っ越しの検討やらで2週間ほど間があいてしまいました。安心してください、生きてますよ!

急に叔父が他界し改めて終活について考えた。
考えてないわけではないのだけれど、つい先送りにしてしまう。私の悪いクセ。(←相棒っぽく!)

葬儀場で無料のエンディングノートがあり、もらってきた。
















自分でもクレジットカード何を持っているか何枚持っているかもわかってないし、きっと無駄が多いからこれを機会に見直したいと思ったりするんだけど、なかなか進まない!43歳になるまでにまとめたい!

この機会に姉と話をしたらドキュメンタリー映画の「エンディングノート」というのが面白いよ!
と教えてもらい、レンタルにはなかったので早速アマゾンでポチッた。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
エンディングノート [ (邦画) ]
価格:4104円(税込、送料無料) (2019/1/25時点)








酔っぱらって何度も観たが、次の日覚えていないという現象があったのでシラフで観なおした。
私は余命宣告はされていないので、健康を追求する同時進行で終活もしていこうと思った。
叔父は永代供養にしたので金額やらシステムやらを聞いたり。
(坊さんの前で「たけーな!」と叫んでしまった。)

ここで終活について。
決して、暗い思いで始めるわけではないのです。
死なない人はいないのだし、死んだら生きてる人間が色々翻弄するので少しでも負担のなく、迷惑をかけないようにしたい

と、明るめに始めようとしている終活
考えると、死んだら「向こう側」に何が持っていけるだろう。
思い出すら持っていけない気がする。

そう考えれば最近頑張っている「断捨離」も捗りそうだが、まだまだ捨てられないものが多い。
煩悩が多過ぎて、本当に死ぬ日がくるのか逆の意味で不安になってしまう。
みんなー!私だけ置いてかないでよーっ!


ポチっとありがとうございます↓↓↓

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村




0 件のコメント:

コメントを投稿

帰路と思い出とマナー

空港で最後の食事、スンドゥブチゲ。  あまり時間がなかったのだけど、待たされたりもしたので5分くらいで食べなければと 慌てている様子。 でも美味しかった!静岡空港のチェジュ便はのんびりな時間帯だから 今度はゆっくり食べよう。  スヌーピーもい...