2019年1月6日日曜日

PET検査 3回目

前回からまだ4カ月しかたっていないのにPET検査だという。
ここ
数カ月の腫瘍マーカーの悪化では仕方ないのか、しかしながら不安になる。

検査当日。
着替えなど前説明の時に、
前回は履物お貸ししてましたよね
そう、前2回はスリッパに履き替えたのもあり、今回は寒さゆえにムートンブーツで行った。
実は今お貸ししてないんですけど、それでは大変ですよね
とスリッパを貸してくれた。
ご老人が転んでしまうらしい
次回は脱ぎ着しやすい靴にしますね」と言ってきた。
今回3回目という事で、前回・前々回のブログを見返す。
持ち物、心構えなど役に立った
そしてPHSを貸してくれ呼び出してくれるのだが、今回は故障中らしい。
飲み物をくれるのだが、費用が3万円なので味が付いてないと勿体ないからといつも常温のお茶にしていたが、毎回気持ちが悪くなるので、ケチらず常温の水にしてみた。


問診の部屋で、4カ月しか経過していないが大丈夫かと聞く。
ベテラン看護師さんが「大丈夫!夜には放射線物質も体外に出ちゃうし!」と言ってくれた。
なんとも説得力のある人だったので、安心して検査に向かう。
ゆっくり体内に検査薬を入れ、いつものリクライニングシートに。
何だか寒くて毛布を借りる。
そして、順番に。検査室前にトイレに行くのだけれども、鍵をかけずに入っている人が。。

検査室では2~30分と聞くが寝てからガーガー機械の中を前後し定位置?になったところで
それでは検査を始めます。検査時間は約16分です」とアナウンスが聞こえる。
それまでは顔を掻いたりしてよかったのかしら・・・と思いながら始まる。
ここで毎回気持ち悪くなってしまうのだが、今回は違う
自己暗示の本も読んでいるし。

前回のブログで「乗り物酔いっぽい」とあった。
小さい頃から乗り物が苦手だったけれど、随分と良くなった。
動きが予測不能のアトラクションだと思えばよい。
と、少し気持ち悪くなったくらいで終わった。

回復室で休んでいると技師の方が「少し写りが悪いのでもう一度撮らせてください」と言ってきた。
今度は何分くらいか聞くと10分程度らしい。
30分ほど休むと、また呼ばれたが回復室には戻らないようなので荷物を持っていけばよかったが、
手ぶらでとりあえずトイレに。また鍵をかけないで入っている人が!
あわわわ!トイレが広くなると鍵をかけない人が多いんだな。気を付けよう。

そして再度検査室へ。
また定位置で「それでは検査を始めます。検査時間は約6分30秒です。」と。
そんなものなら歌を頭の中で歌おう!と少しだけ季節外れだが
菊池桃子雪に書いたLOVELETTERをゆっくり脳内再生
イントロから間奏まで完璧だな、と感心しはじめたところで検査が終わった。
着替えて会計。
元気なようだけれども気持ちは1日中悪くスッキリしなかった
やはりPET検査の日も予定は入れられない

というわけで新年あけまして検査が無事終了した。

ポチっとありがとうございます↓↓↓

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村




0 件のコメント:

コメントを投稿

帰路と思い出とマナー

空港で最後の食事、スンドゥブチゲ。  あまり時間がなかったのだけど、待たされたりもしたので5分くらいで食べなければと 慌てている様子。 でも美味しかった!静岡空港のチェジュ便はのんびりな時間帯だから 今度はゆっくり食べよう。  スヌーピーもい...