2019年2月21日木曜日

白湯断食からその後

10日間ほど断食をした後、1週間。
回復食から始まり、1日1食から16時間断食に移行。

また少しちょいストイック断食を始めてみようと思っている。

1月から緩く始め、2月には水・塩断食まで組み込んだ。
約1ヶ月ほど。

ムラキテルミ氏の書くような激しい好転反応は出なかった。
体重としては、一番痩せた時で6~7キロ減った。
食べれば太るので、そこは病気が関係していると思わなくても良さそうだ。

骨転移の治療として「ゾレドロン酸」という点滴を打っていたのだけれど、それが1カ月も経過すると少し転移した骨の位置のあたりが痛む日もあった。

今回休薬にあたり最初は痛む日もあったが、日に日に治まったような気がする。

効果としては、思ったような宿便は出なく逆に食べていないからか便秘がち。
舌苔が現れるというが、それは有った気がする。
癌の人は黒く出るというがオレンジ止まりだった。
壮絶な排泄もなく、咳喘息の為ひどかった咳も朝のみになり痰の質も多少変わった。
この時期から酷い花粉症に悩まされていたが、軽くなった気もする。
身体の湿疹は治まらず。
痩せたので顔はシワっぽくなってしまったが、肌の調子は不思議と良いと思う。

自律神経だけ、どうにも安定しない気がする。
水・塩断食の時のほうが家族によると支離滅裂な時もあったようだけれども安定していた。
少し食べるようになってから、寝つきも悪くなってきたようにも思える。
 ダイソーで癒しグッズを購入。
CDも買った。良くなってほしい。

にしても、発見としては断食は本当に体が楽になる。
そして良くなっている手ごたえすら感じる時があった。
ストイックと1日1食、16時間断食を織り交ぜてちょっと続けたい。
あの時はなぜあんなに頑張れたのかと思うほど、今はそこまでストイックにできない。。
体調をみたりのんびりのんびりやろう。焦らずに。

痩せてしまったり、好転反応などが出るとそれは周りは心配なのだと思う。
でも、病院の治療を受けて副作用に悩まされているときよりも遥かに健康。
来月の検査まで2週間を切った。
やれるだけの事はやって検査に挑みたい。


ポチっとありがとうございます↓↓↓

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村








0 件のコメント:

コメントを投稿

トイレの中からこんにちは

一番ゆっくり話せるのがここだと思いまして。 某居酒屋チェーン店のトイレに入ると書いてあった感謝の言葉の文頭。 前に自己啓発の意味で YOU ARE BEAUTIFUL YOU ARE SMART YOU ARE INTELLIGENCE と書いて貼ってあると言った...