2015年7月21日火曜日

再建へ そして大部屋か個室か その1

 病院の都合で月曜手術の場合、日曜に入院の手続きができないので金曜に来て入院と外泊の手続きをして、日曜の夜に戻ってください。で、退院は木曜予定です。とのこと。
外泊もするし、短いから「大部屋でいいっす」って言うと「あれ!個室の人だよね!?」
などとハムの人みたいな言い方。
3回入院してそんなイメージなのだろうか。
でもいいんですよっていうと「ふーん。大部屋のほうが色々怖いことあったりして!」って小声で何言っとりますのん!?

入院当日、早速他人との共同生活開始1時間ほどで心が折れ、早々に帰宅。
見た感じ、個室に空きはなさそうだったので今更変更もできない・・・。
まぁ、短いからさ。

日曜の夜に戻り夜トイレとか気使うし!意外と神経質なところもあるんですわ。
我慢我慢我慢。

手術は午後1時~腹ヘリ~な。
我慢我慢我慢。
歩いて手術室へ。
陽気な看護師さんが気を利かせて音楽をかけてくれたが、何の曲がわからない間に麻酔が効いて寝てしまった。気づくと「終わったよ!」と起こされた。
完全に酔っ払い状態でヘラヘラしながら「あ~先生がいる~!終わったの~!?」などと言った記憶がある。その後旦那はんが「今回覚醒があまりうまくいかなかったようで、時間かかったみたいよって言っていた。全く覚えがない
術後の痛みにも耐えて、看護師さんにゴロゴロしてもらったり着替えさせてもらったり本当に頭が下がります。
やっとの夕食もあまり食べれず。でも前回のガン摘出手術の時よりは少し楽な感じ。
あの時は全然食べれなかったもの。
同室の人も手術だったりもしたし、身体がまだ大変だったのもあり、部屋のストレスはなく手術当日は過ぎていったのでありました。

ポチっとありがとうございます↓↓↓

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村




0 件のコメント:

コメントを投稿

アナタも私も知らない世界

私は昭和の女。 48年生まれ。 私が小学生の頃だったか、お昼に「 あなたの知らない世界 」というのをやっていた。 それはお昼という時間帯に相応しい情報でも、マツコが変わった一般人に教えてもらうものとも違う。 昼のワイドショー的なものの中に夏休み期間にやるオカルト再現フィ...