2015年6月29日月曜日

何故登るのか そこに山があるから

手術当日です。
再建手術が終わった。
経過など、良好らしい。
ガーゼにくるまれていて、まだ見れていない
早くやっと出来た「自分」を見てみたいものである。
しかし痛い

同じ病棟に時折「おーい」と叫ぶ殿方がいる。
連呼しては辞め、また思い出したように叫ぶ
思い出したら夜中でもお構いなしだ。
お茶でも飲みたいのかと思ったが、山びこの如く繰り返される。

何故叫ぶのか、そこにナースがいるから...なのだろうか。

面白いが、長居するところではない。
退院が早まりそうなのでホッとした。
こんなときは叫びたい。

「おーい!!」


そうだったのか!?

ポチっとありがとうございます↓↓↓

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村




0 件のコメント:

コメントを投稿

帰路と思い出とマナー

空港で最後の食事、スンドゥブチゲ。  あまり時間がなかったのだけど、待たされたりもしたので5分くらいで食べなければと 慌てている様子。 でも美味しかった!静岡空港のチェジュ便はのんびりな時間帯だから 今度はゆっくり食べよう。  スヌーピーもい...