2015年10月7日水曜日

こんな身体になってしまった。

ここのところ、この病気になってからのことを振り返ることが多い。
1年が経過したからかな~って思ったけど、いや、何か違う
北斗晶氏が乳がんを発表し、手術、退院、会見を連日テレビでやっていたからだ。
出来た側もリンパの転移も同じだったので、周りの人は私の1年前とダブったようだ。
当の本人は最初はそんなに思い出すこともなく、大変だね~くらいにしか思ってなかったけど、連日の報道、ブログの紹介で、「右手禁止」とか似ていることが多いとか、そんな事思ったりしたかな~って思って振り返ったんだなぁ。
とある日のブログです、ってのに、「こんな姿に」とか「傷口を見せようと思う、気を付けないとこんなになっちゃうんだよ」的な内容があったと紹介されていた。

そりゃ「こんな姿に」「こんなに」なっちゃった人たちに失礼だろ?

私の場合ガンの原因は、なんだったかはわからないが、「ガンにならない生活」なんてものをしてこなかったから、思い当たる節はいくらでも出てくる
周りの友人、家族には同じ思いをして欲しくない
だから検診には行って欲しい。
姪や甥には生活習慣を変えて欲しいが、正解なんてわからないし、若い時はなにを言ってもイケイケなのだ。言ったところで気づいた時でなければ煙草も辞めないし、自分の意識だろう。
検診に行ったところで、ガンが発生していた場合は治療ということになるであろう。
温存や放射線、抗がん剤、全摘、治療拒否。
どの方法を選んでも身体に不具合はくる。
ガンというのはそういう病気なのだ。
お恥ずかしい話、ガンと言われた時全然ピンと来なくて風邪程度に思っていたっつ~か、はいじゃあ治してくださいくらいにしか思ってなかった。
治療方針を聞いていくうちに、事の重大さに気づいていったというか。
私も最初、全摘と言われたときは嫌だった
ほかに方法はないのかと思ったし、できれば切りたくないとも思った。
でも切ってみて、同時再建を選んだから悲壮感があまりないとか言われちゃうとそうかもなんだけど、問題はそんなところになくて
高橋ジョージ氏は唄った「なんでもないようなことが幸せだったと思う。」
しかし人は悲しい生物

日々刺激を求め、変化を願い、しまいにはSNSにアップしたり。
ネット上での人との幸せ度数を競い、「ネタ」を探し続ける。
いや、なんでもないようなことというか、普通、がとても幸せなことなのだ。
病気になんかならないほうがいい
普通に生活することの有難みは問題が、健康の有難みは病気になってからしかわからないのかもしれない。
昔檀家の和尚さんが言った「難が有るから有難みがわかる
私のブログを見に来てくれる人のほとんどは、抗がん剤の副作用とジーラスタのことを知りたいと思って来てくれる。
これからきっと抗がん剤治療が始まる人が多いんだと思う。
ってことは、がん患者さんか、その家族の人だよね。
いつも駄文を読んでくださりありがとうございます
病気になり、手術・治療を受け必死になって「生きた」1年間。
ハゲ頭さえ勲章。傷口もしかり。
どんなに気をつけても病気になってしまうことはある。
それで姿がかわってしまっても、私には本当に愛すべき家族や友人がいたし、皆変わらず私に接してくれる。


だから言いたい。
別に変な奴らだらけの世の中ジャン。
あなたは変でも「こんな」でもない。私も。


ロックンロール。



ポチっとありがとうございます↓↓↓

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村




0 件のコメント:

コメントを投稿

帰路と思い出とマナー

空港で最後の食事、スンドゥブチゲ。  あまり時間がなかったのだけど、待たされたりもしたので5分くらいで食べなければと 慌てている様子。 でも美味しかった!静岡空港のチェジュ便はのんびりな時間帯だから 今度はゆっくり食べよう。  スヌーピーもい...