2019年4月10日水曜日

重曹療法

色々ネットで調べていると、胡散臭いものが多い。

胡散臭いの8割ってところだろうか?
ここから信用できるものを探すのも大変!
だけど、良さそうなものはチャレンジしていきたい!

と思って新たに始めたのが「重曹
最初は「メープル重曹療法」というものがヒットして

癌細胞はとにかくブドウ糖が大好きで、通常の細胞より15倍ものブドウ糖を吸収する性質があります。メイプルシロップで癌細胞を呼び寄せて、強力なアルカリ性物質である重曹で、がん細胞を一掃するという方法です。ちなみに、癌細胞やその他の病菌は、アルカリ性の環境では存在出来ません。

というもので、メープルシロップがなくマヌカハニーがあったので代用していたが劇的に不味くもない。
作るのが面倒だったのと、甘いのがもたれそうだったのと。
身体をアルカリ性にすればいいのなら飲めばよい。
それならばがん細胞が嫌うというビタミンCも一緒にとる。

そしてかなり我流になるのであった。

メープルとビタミンC、どちらも空腹時に有効だということ。
特に癌細胞は体内に糖がある時はビタミンCを食べないのでしっかり糖質制限するとよいとのこと。

とはいっても、今は食事制限も糖質制限もかなりいい加減になってしまっているが。

朝・寝る前に一杯の重曹ビタミン白湯を飲み始め1ヵ月。
旅行の時はできなかったものの重曹塩風呂に3週間入った。

重曹のお風呂は嘘かホントか分からないが「放射線毒を体外に排出する」らしい。
1年経った今も放射線治療の後はうっすら残っているし。

内から外からと重曹攻めにした。
お風呂はHOT TABという高濃度炭酸入浴剤に変えた。

これも主成分が重曹。どちらも温まる。

癌治療だけでなく、身体をアルカリ性にするのは良いことだという。
続けていきたい習慣である。
がんセンターに行ったのとか
GWを挟んだりするので、今度の検査は多分5月中旬になるであろう。
結果が気になる代替療法のひとつです。

ポチっとありがとうございます↓↓↓

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村







0 件のコメント:

コメントを投稿

帰路と思い出とマナー

空港で最後の食事、スンドゥブチゲ。  あまり時間がなかったのだけど、待たされたりもしたので5分くらいで食べなければと 慌てている様子。 でも美味しかった!静岡空港のチェジュ便はのんびりな時間帯だから 今度はゆっくり食べよう。  スヌーピーもい...