2015年5月31日日曜日

入院 その2

 家で一人の時に高熱が出ると困るんで、2回目の入院は「もう絶対大丈夫!」となってから退院させてくれとお願いした。
酸素量が低めの時が多かったらしく、深呼吸をよくさせられた。
どでかい点滴のおかげか、翌日には熱も落ち着いてきた感じだが、咳が出る
帰宅後、ものすごい咳が出たと思ったら熱が上がったので、安心できない。
苦しかったら言ってくださいね」と言われたので咳で苦しくなりナースコールをすると呼吸を整えられ、背中を擦ってくれた。
かゆみ止めや咳止めも処方してもらう。


が、熱は落ち着いている。ご飯も食べれる。
入浴許可も出たので入ってみる。熱は落ち着く。
というわけで、特別室からは移動になる。咳がまだ出たりするので、個室にしていただいた。
さみしいゴールデンウィークだと思っていると、主治医が動いたほうがいいと言ってくれたので、病院をくまなく探検する。
熱は上がらない。

そんな中、少し今後の治療についても話し合う。
ドセタキセル・ジーラスタ、どちらの副作用でこうなったかわからないが、ドセタキセルに変えてからなったので、ドセは続けられない。元の抗がん剤に戻すという選択肢もありますが、とのことでしたが、せっかく終わったあの気持ち悪い抗がん剤。もう嫌です、と言った。
説明を受けて、自分自身ではドセタキセルは木のエキスで出来てるらしいから、木に触るとアレルギーが出てしまう私の体質には合わなかったと考える。

ジーラスタはそれまで4回打ってこんなにならなかったからそうではないのだろう。
でも、先生には先生の考えもあったのか、ジーラスタのほうに症状を報告すると言っていた。今後のがん治療の役に立つことを願う。

そんなこんなで体調も落ち着いてるし、月をまたぐのは嫌だったので4月で退院させてもらうことにした。最終の今後の治療予定は5月の最初の診察で決めようとのこと。
窓口で払わなくてもいいように、高額医療限度額の手続きもしていたので、今回安心して入院したのだが、外来での通院費と入院費は別勘定になるとのこと。
4月の支払いは4月のうちに。すっきり払って帰宅。


その日の夜、熱が上がる
もう嫌だ。手の甲にどんだけ針の跡が増えたと思ってんだ!
と、呼吸が苦しくなったらなるべく深呼吸をしてもらった薬で2~3日で落ち着いた
とにかく大変な2週間だった。

ポチっとありがとうございます↓↓↓

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村




2015年5月30日土曜日

入院 その1

金曜から思うように下がらない熱を抱え、月曜の病院。
うつろになりながらも血液検査やらエコーの検査やらを受ける。

その間に病室の準備が出来て、向かう。
寒すぎて布団を追加してもらい、体温を計ってみる。
38.9・・・見なければよかった・・・
つらい。つらすぎる。このまま熱が上がり続け死んでしまうかもしれない。

そんなことを考えていたが、ここ何ヶ月かお酒も我慢して頑張った甲斐無く!なんてことあってなるものか!と早く良くなってお酒を飲むのだ!と、気を取り直す
おかげで水曜にはだいぶ熱も落ち着いてきた。体は痒いけど
その頃、病室に先生がやってきて「ちょっと白血球の数値が高いもんですから念のため造影剤を使ったCTを撮りたいのですがよろしいですか?」と言った。
原因不明とかだけどはっきりして欲しいし、良くなるならなんでもしてくれってんで受けた。
それも異常がないらしい。今回変わった抗癌剤、ドセタキセルの副作用アレルギーが出た感じかもね~という話になった。

熱も下がったし、病室が特別室っぽかったので早く出てって欲しいオーラが半端ねえ。
とある日の大名行列のような回診で大名が「はいはいどうですか~!?」などと言いながらパソコンを見て、周りの人に私の病状の説明を受けてたが「え~っ!白血球9万!?もう良くなった?よかったね~!」とか言ってた。その数値がなんなのかわかるわけもなく、驚いたりするの、怖くなるから影でやってくれればいいのに。なんて思いながらも熱も下がったので金曜に退院することになった。
土曜の夜、再び寒気が襲ってきた。早めに寝ることにしよう・・・
日曜、また熱が上がる。38度を超えたのでまた病院へ。また入院することになる。
幸い入院していた部屋が空いていたので、戻ると看護師さんが「外泊しただけになっちゃったね~」と歓迎してくれた。


つづく

ポチっとありがとうございます↓↓↓

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村




2015年5月23日土曜日

ジーラスタ 通算5回目

 4月13日(月)に抗癌剤(DOC)、16日(木)にジーラスタ。
吐き気もなく、順調。ジーラスタ終わりに食事をしてショッピングまで楽しんで帰宅。
夜はジーラスタの副作用であろう関節痛というか骨の痛みがある。
ちょっとした熱がでるが、以前処方された解熱剤を飲んで寝る。


翌日(金曜)朝、関節痛とともに発熱。
38度を超えたので病院に連絡して行くことになる。
インフルエンザの検査をされたが陰性。
熱冷まし等の点滴をし、コカールという薬を処方してもらい帰宅。
点滴で楽になるも熱は思ったように下がらず
熱さまシート・アイスノン・薬の服用で一晩過ごす。


その次の日(土曜)昼に38度を超える。発疹が出る
病院に連絡し、救急で診察してくれることに。
レントゲンを撮ったが異常はなし。
前日打ってもらった点滴を打ってもまだ辛いので座薬を入れてもらう。
少し楽になったので、座薬を処方してもらい帰宅。


翌日(日曜)38度を超え、体中のかゆみ、関節痛、骨痛、吐き気まで出てくるも前日にもらったを服用し様子を見る。


そのまた次の日(月曜)も熱が下がらず、症状も良くならないので病院に連絡。
そのまま入院することに。
この症状は、原因不明とのことである。


つづく

ポチっとありがとうございます↓↓↓

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村




2015年5月20日水曜日

抗がん剤治療(DOC) 一回目

 などと、一回目を終えて一ヶ月も経過してしまった。
たった一ヶ月・・・なような・・・


抗ガン剤の種類が変わるため、緊張気味に治療に向かう。
必要なものは布製の手袋、と言われ、軍手とドライバーグローブを用意。
そのため、リクライニングシートではなく、ベットを希望した。
(毎回一応ベットを希望するのだが、最初以外通ったことはない)
運良くベットにて受けれることになる。
いざ、ドセタキセルなどという薬を点滴することになると、看護師さんがでっかい手袋を持ってきた。持参の手袋をしてから、巨大な中が冷たい手袋に手を突っ込むらしい。
それが約1時間
手袋は重いは冷たいは。ゲームも本も読めないは。寝ちゃえればいいんだけれども、手の重みと冷たさで中々眠れない
それでも時間は過ぎてゆく。
この抗がん剤は夜になっても翌日になっても気持ちが悪くなったりしない
これは前のECというやつより随分楽だと思って3日後のジーラスタ注射に向かうのである。


つづく。

ポチっとありがとうございます↓↓↓

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村




ケチらない面倒がらない。

貧乏性でつい「 もったいない 」と色んな事をケチりがち。 紅茶のティーパックやティッシュも一度使いでは終わらない。 しかし、このもったいない根性がいけないと思う事が最近多々ある。 中々物が捨てられず、 ゴミ屋敷化 する。 ホコリさえ捨てられないのか空気が悪い。 身体...