2019年1月21日月曜日

ケチらない面倒がらない。

貧乏性でつい「もったいない」と色んな事をケチりがち。
紅茶のティーパックやティッシュも一度使いでは終わらない。

しかし、このもったいない根性がいけないと思う事が最近多々ある。
中々物が捨てられず、ゴミ屋敷化する。
ホコリさえ捨てられないのか空気が悪い。

身体が冷えるのを避けたいのに、カイロをケチった時に体温の低下が。
焦ってカイロをペタペタ。


とにかく、1番の目標は体温を上げることである。
ゾッとするほど下がってしまう事が最近多い。

(と、思ったら先日薬剤師さんとの面談の時に「たまに体温が34℃台になる時があるんですが」と相談したら、「それだけ下がれば体調にも変化があるはず。なければ体温計の故障の可能性がある。」と言われて安心した。^^)

カイロをケチらず使い、身体の中も部屋もお店も大掃除して平均体温37℃を目標にしていきたい。
身体の外から中から暖める。それには

  • とにかく厚着カイロなどを含めて。
  • 冷たい飲み物食べ物を避ける。
  • 身体を温める食材を積極的に取る。
この3点を特に気をつけ、面倒がらずに続けたい。



ポチっとありがとうございます↓↓↓

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村





2019年1月18日金曜日

身体の大掃除 序章

病気になってからだけでもないけれども、「楽しみが食べること」になってしまった。
が、16時間断食を始めてからは中々食べることも楽しめるとかではなく。
それでは何を楽しみに?
今は美容と健康である。
美容と健康は今までもやってきたつもりだったが、本気度も認識も足りなかった。。

さておき趣味と実益を兼ねればよい
健康と美肌を手に入れればこんなに良いことはないのだから

と、昔美容部員のアルバイトをやっていた時「肌の代謝サイクルは28日」と聞いた。
人の細胞のサイクルは90日と聞いたことがある。

調べると実際は
代謝周期が一番短い細胞は小腸の上皮で、約2日と言われています。
胃は5日 肌は28日 筋肉や肝臓は60日、骨細胞で90日など。
見た目には変わらない私たち人間の体は、細胞レベルでは約5~7年でほとんど入れ替わっているのです。とかいてあるサイトが。→
新陳代謝サイクル
血液は120日という。
肌も身体も、老廃物を排出することが大事だということになる。
今までケチで老廃物ですら「出し渋って」いたのも癌の原因の一つかもしれない。

これからは身体の大掃除をはじめよう。



ポチっとありがとうございます↓↓↓

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村




2019年1月17日木曜日

陶板浴に行ってきた

元々体温が35℃台だったのが、罹患してからは36℃台をキープできるようになったと思う。
しかし最近、熱を測ると35℃台の時がしばしば。
キャー!!
癌が好む体温!!!

これではいけない!湯たんぽをお腹に忍ばせしばらくすると36℃台に。
湯たんぽマジ万能!自主回収のうちは手放せない。



















本気回収の前にこの大きさの湯たんぽを見つけねば。

と、湯たんぽでしのいできたけれどもとある朝測ると35.6℃
ん~これではイケナイRougeMagic。

意を決して近所にある陶板浴G-SPAに行ってみることにした。
初めてなんですけど」と言いながら入り靴を脱いでロッカーに入れて鍵を受付で渡す。
住所・氏名などを記入し、時間30分・60分・90分から90分を選び料金1080円を支払う。
タオルセット(MAX375円)などは初回は無料で、次回から着替えもタオルも水筒も持参すれば良いという。
中のロッカーに荷物を入れカーテンで仕切られた更衣室(3か所)で着替える
タオルは大判は陶板浴に敷く用、小さいもの1つは陶板浴の枕用、もう一つは足湯で足を拭く用とのこと。
シャワー(ミストサウナ付き)も2台、化粧台も数か所ありドライヤーが2台。
綿棒はあるが、くし等は無い
休憩場所にはフットマッサージ機が2台ある。
水素水のサーバーがあり、自由に飲める。

まず、足湯に15分ほど入ってから、いよいよ陶板浴に。時計が無いかと思ったら中には見やすいデジタル時計がある。
お昼時にも関わらず、思ったよりは人がいる。
入り方は岩盤浴同様、うつ伏せ10~20分・仰向け10~20分、休憩を交え繰り返す。
うつ伏せの時点で汗がじんわり出てくる。
おお、いいかもしれないと休憩を2回しながら3セット行ってみた。
最後のほうは貸切状態。終わりの頃、また一人入ってこられた。
顔も真っ赤になって十分温まった^^
最後のセットは終了時間15分前に終えてシャワーを見てみると、みんな軽く浴びて帰るのかな?
使用した後があったので、先人に学び浴びる。
エステサロンが経営している陶板浴らしいので、良いシャンプーとトリートメントが。
時間がないというのに使いたい衝動に駆られ、洗髪してしまったら案の定時間がなくなった。
髪も濡れたままチェックアウト。近所で良かった!
帰り際、ポイントカードをいただき「冷えが改善されるには頻度はどれくらいがいいですかね?」
と聞いてみたら「う~~~ん、個人差があるので何とも言えませんが。良く来る人で週1ですね。」
そんなもんかー。
酸素カプセルや炭酸浴(スーパー銭湯)も並行しながら、今度は酵素風呂にも挑戦したりして
平均体温37℃を目指したい。

ポチっとありがとうございます↓↓↓

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村









2019年1月16日水曜日

治るために

色んな治療法があると思うけれども実際は
  • 免疫力を上げ
  • 抗酸化→体をアルカリ性に
  • 体温を上げる
  • 自律神経を整える

このあたりがキーワードになってくると思った。

肝臓に転移、と言われてから始めたことは
  • ゆる糖質制限(継続)→癌の餌は糖のため【ゆるなのは煮小豆(カリウム)を食べるから】
  • 湯治(継続)→体温を上げる
  • 酸素カプセル→癌は酸素が嫌い
  • びわ茶→ビタミンB17
  • 16時間断食→体調回復・リセットに絶食が有効だが無理なのでゆるく。
  • ビタミンC摂取(経口)→ブドウ糖と同じ働きをし、癌が苦手なので。
  • 北投石ブレスレット→ホルミシス効果
と、自分で納得したものだけを今はやっている。
適度な運動と正しい姿勢、深呼吸・日光浴もなるべく取り入れなければで、自己啓発的なポジティブシンキングをする!みたいな精神論も忘れがちだけどやらねばならない。

今はまだ、納得したやれることをやれるだけやって治ったら少しづつ「息抜き」すればよい。
思ったより断食が大変だけれども、糖質制限してもナッツの食べ過ぎが全然痩せられなかったのが少し減ってきたのでダイエットに効果があると思って頑張りたいのと、あんまり気張り過ぎずに「どうしても」の時には「しょんない・いいじゃん」と思うようにしないとね。


ポチっとありがとうございます↓↓↓

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村




2019年1月15日火曜日

びわ茶と自分のために

先日お墓参りの後に食べに行ったご飯屋さんで、「びわの自然療法」という本があって少し目を通した。
中にはびわの葉を暖めたこんにゃくにのせて患部に湿布するという何とも「おばあちゃんの知恵」的なものが載っていて、後はがんが治ったというよりも痛みが緩和されて良かった的な文章も読んだ。
ふ~ん、としか思わなかったが、どうやら民間療法を調べていくと「びわ」というのがかなり出てくる。

そして本屋さんで竹原慎二という元プロボクサーの奥さんが書いた本にもこんにゃく湿布が載っていた。


酸素カプセルに入りに行ったらそこの整体師さんがやはり「びわ」と言うし。

最初に出会ったのは「お墓参りの帰り

ご先祖様からの伝言だと信じてやってみることにした

とりあえずはびわ茶を飲んでみることに。
この「ねじめびわ茶」というのが評判がいいのと小分けがあるので注文してみた。
アレルギー体質なので、身体に合うか試してからちゃんと購入しようと決めた。

特にこれという副作用もないので、続けていきたい。
そして、酸素カプセルで本を貸してくれるので施術中に読むことにした。

副作用はないけれども、「好転反応」があるという。
断食や煮あずきの本を読んでも同じだが、体内の清浄が行われ物凄いデトックスをして体調が良くなるという。
それは店の営業はしばらくできないし、人に会うのも儘ならない状態が続きそうな表現。
入院もしないのに休むのも罪悪感があるけれども、早めに時間を取って「自分ファースト」自分の為に過ごし好転反応に備えたい。




ポチっとありがとうございます↓↓↓

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村




ケチらない面倒がらない。

貧乏性でつい「 もったいない 」と色んな事をケチりがち。 紅茶のティーパックやティッシュも一度使いでは終わらない。 しかし、このもったいない根性がいけないと思う事が最近多々ある。 中々物が捨てられず、 ゴミ屋敷化 する。 ホコリさえ捨てられないのか空気が悪い。 身体...