2019年4月17日水曜日

糖質制限は有効か

「癌の餌が糖なので餌を与えない」という兵糧攻めという理論は根拠もあるので
チャレンジしていた時もあったが、やってみて「断食」のほうが楽に感じた。

「制限」されるから普段食べないものまで「食べたくなる」

そして緩くなっていく糖質制限療法。

とある日、急に食べたくなって焼芋🍠を購入。
食べてからサツマイモに呪われたかのように毎日🍠
 罪悪感が半端ないのに、ヤメラレナイトマラナイ。
これってストレスじゃ・・・
そんな中見つけた記述!食べたくて必死!!!
少しは罪悪感もなくなり、毎日焼芋パーティーは続く。
そんな中、原発肝がんは糖質制限は危険だという理論を発見。
肝臓がケトン体をエネルギーにできない事が理由だという。

転移肝がんだから関係ないかもしれないけど、神経質になり過ぎなくてもいいのでは。
糖質制限が「私の癌」に有効かどうかもわからない。

薬物療法でも一緒。
「この薬が効かなければ次の薬」なのだ。
「副作用」もあるし。
次から次へと「良いこと」を試し、合うものを探し。
不調になったら「好転反応」と思えばよい。
焦らずに。

と、ふと「あずきでガンが治る」というムラキテルミ氏の理論を思い出す。
根拠があるとも言い難いが、デトックスすればよければ「煮あずき」が「さつまいも」になっても
いいのでは・・・と最近では勝手に良いように解釈しています。


ポチっとありがとうございます↓↓↓

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村








0 件のコメント:

コメントを投稿

帰路と思い出とマナー

空港で最後の食事、スンドゥブチゲ。  あまり時間がなかったのだけど、待たされたりもしたので5分くらいで食べなければと 慌てている様子。 でも美味しかった!静岡空港のチェジュ便はのんびりな時間帯だから 今度はゆっくり食べよう。  スヌーピーもい...