2019年4月21日日曜日

落ち込みと糖と体重

少し前から、糖質制限もかなり緩めになった。

1月に肝転移と言われてからは食事制限などを始めて
2月からは店も休み、本格的に断食やら禁酒やら湯治やら。
あっという間に体重が8㎏ほど減った。

冬で厚着してマスクもしていたし、お店も休んでいるから人に会うこともなく。
言われなかったが、旦那さんは心配するほどだったかもしれない。

それでも、なぜか「自分は治る」と思い
不思議なくらい食事制限が順調に
そしてノーストレスで出来た。
ご飯も食べていないのに気分だけはハイに。
ピ〇ール瀧さんも変な薬は辞めて断食すればいい。

3月の検査の結果ではマーカーが思ったより下がらず、
セカンドオピニオンに行くことに決めた。
その頃から、徐々に食べる量も増え、お昼はお蕎麦を解禁。
段々とお昼ならとご飯も食べる。
その上、サツマイモの呪いにかかり焼芋を1日1本食べるように。
酒を飲まなくなったと思ったら、焼芋🍠って・・・
と、せっかく痩せたのにあっという間に4㎏増えた。

そして、セカンドオピニオンが思った通りではあったが、よい結論ではなく
答えは「どこに行っても治療は同じ」
どうしようか悩み始め、気持ちも落ち込みがちなる日も多く。

思い切って旅行に行くことを決めたのも良かったのか、
重くなりすぎた自分の身体が負担で、1日だけでもちゃんと16時間断食をするようにした。

するとどうでしょう。
落ち込んだ気分が妙にすがすがしくなった。

落ち込み(ストレス)と糖分と体重の増加は比例するんではないか、と思った。

きっとストレスで食べ過ぎるのは悪循環なのだ、と思った。



ポチっとありがとうございます↓↓↓

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村




0 件のコメント:

コメントを投稿

帰路と思い出とマナー

空港で最後の食事、スンドゥブチゲ。  あまり時間がなかったのだけど、待たされたりもしたので5分くらいで食べなければと 慌てている様子。 でも美味しかった!静岡空港のチェジュ便はのんびりな時間帯だから 今度はゆっくり食べよう。  スヌーピーもい...